魚介類の生臭さを抑えられる白ワインのような牡蠣のための日本酒

今代司酒造株式会社(新潟市中央区)さんは、牡蠣に合わせて飲んでいただきたい日本酒『IMA 牡蠣のための日本酒』を2017年11月28日に新発売します。

日本酒ながら、白ワインのように甘酸っぱくジューシーな味わいが特徴のお酒です。

牡蠣の味わいにマッチするだけではありません。含まれるリンゴ酸が体にも嬉しい、まったく新しいコンセプトのお酒で、食の和洋を問わずいただけます。

IMA 牡蠣のための日本酒 白ワインのような日本酒

牡蠣との相性抜群

IMA 牡蠣のための日本酒

牡蠣と合うポイント1

甘酸っぱさ×旨み

白ワインのような甘酸っぱい味わいが、生牡蠣はもちろん、燻製、ボイル、フライの牡蠣、そして寿司やお刺身などその他のシーフードにもよく合います。一方で、白ワインには少ない旨みがこのお酒にはしっかりあるため、牡蠣とお酒双方の味わいが口の中に広がります。

牡蠣に合うポイント2

鉄分の少なさ=生臭さ抑制、口中リフレッシュ

魚介類の生臭さは鉄分によって増幅されますが、このお酒は一般的なワインと比べて鉄分含有量が100分の1程度と少ないため、牡蠣の生臭さが抑えられます。さらに、存分に含まれる酸が口中をリフレッシュさせてくれます。

※魚介類にワインを合わせた時に生臭さを強く感じるのは、魚介料理に含まれている「過酸化脂質」とワインに多く含まれる「鉄分」が反応し生臭さが発生するためです。

牡蠣と合うポイント3

リンゴ酸の働き

特殊な清酒酵母の働きによってこのお酒には多くのリンゴ酸が含まれています。そしてリンゴ酸は豊富な牡蠣の栄養分を人の体力に摂り込む手伝いをしてくれます。もちろん無添加、正真正銘の純米の日本酒です。

牡蠣にかけてもおいしい

牡蠣を口にし、少し口の中に残った状態でこのお酒も一緒に口に入れていただくことで、牡蠣と日本酒の旨みの相乗効果や酸によるリフレッシュ効果がより一層もたらされます。いわゆる口中調味ですが、このお酒を牡蠣に少量かけてから口に運ぶことでも同様の美味しさが得られます。

IMA 牡蠣のための日本酒 商品概要

商品名:IMA(アイ・エム・エー)牡蠣のための日本酒
内容量:720ml
価格:1,620円(税込)
原材料名:米(新潟県産)、米麹(新潟県産米)
原料米:五百万石100%
精米歩合:65%
アルコール分:12度

うまいもん
うまいもん

生牡蠣・燻製・ボイル・フライの牡蠣に寿司やお刺身の味わいにマッチするだけでなく、含まれるリンゴ酸が特徴です。
知ってました?
魚介類料理に含まれる「過酸化脂質」と鉄分が反応すると生臭さが発生するんです。
鉄分の少なさで、牡蠣の生臭さを抑制し口の中はさわやかなんです。

今代司酒造(新潟市中央区)

コメント